« 星の海でスクリプトと格闘するのこと。 | トップページ | 新年の挨拶、あと銭湯 »

男もすなる冬コミの話といふものを当日になってするなり

タイトル長ったらしいけど冬コミの話。もう今日なんですが!

1364427100_31
 倉樫澄人さんデザインのオリジナルTRPG「花散るが如く」にて、テストプレイとロゴデザインを担当させていただきました。
※尚、今回はジャンプスターターキット(体験版っぽいの)のみの配布となります。
 江戸風俗が色濃く残ったまま現代に至った日本を舞台、プレイヤーは自らの命を削って花札の力を引き出す者「魂札士」となり、千年の時を超えて現代に蘇った魑魅魍魎「逢魔」と戦います。
 数種類のダイスを一度に振る、判定結果は失敗/成功/クリティカルの3種類のみ、リソースには花札を用いる一風変わったシステムなのが特徴。役を作ると敵に与えるダメージがあがったりします。

東P-45aで配布しておりますので、よろしければぜひ。

しかし今年は身近な人間のコミケ出展率が異常。もちろん全部電源不要。
・OBがゲヘナリプレイを出す
・同期&後輩がガープスオリジナルサプリを出す(聖杯戦争が遊べますよ)
・さらに同期がアリアン合同誌に参加(してるらしい)

今年の夏までは全然そんなことなかったのになぁ。どういうことなの。

|

« 星の海でスクリプトと格闘するのこと。 | トップページ | 新年の挨拶、あと銭湯 »

「TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星の海でスクリプトと格闘するのこと。 | トップページ | 新年の挨拶、あと銭湯 »