« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

密林は時空すら越え

 最近Aの魔法陣(Aマホ)を立てたくてうずうずしてるのですが、ここ神奈川中部では某La*xが閉店してしまったおかげで、ルルブを買うのがとても面倒になってしまいました。
 最近の作品なら駅前の大型書店においてあるんですけど、Aマホってもう3年前の作品だからないんですよね。ガンパレ編ならおいてあるんですが、ガンパレよく知らないし。

そこでAmazonさんで注文してみた。

ルルブ代金:\1575
支払方法:コンビニ払い
送料:無料

 イエサブ町田店までの往復交通費:約\500

……あれ、町田行くより安い。

クレカ持ってないからお急ぎ便使えないけど、それ使ったとしても安い。

Amazonすげー。
これからはもっと使おうかしら。

| | コメント (0)

[TRPG:告知]4/29CRconでGMしますよ

 4/29におださがプラザ(小田急相模原駅直結!)で開催される第1回CrossroadConでGMさせていただくことになりました。
システムはダブルクロスです。この大事な時期なのにうっかり新作です。

たぶん履歴書書きのBGMに聞いていた鳥の詩とリトバスのせい。

 一旦は思い直して去年のコンベで使ったブレカナリライトして出そうと思ったものの、結局全編リライトになって手間変わらねーだろということになって。

 結局それで行くことにしました。当日枠もあるかと思いますが、予約者優先でなかなかのハイペースで予約が埋まっているので、申し込みはお早めに。

CrossRoadconウェブサイト

http://www26.atwiki.jp/crossroadcon/

| | コメント (2)

[TRPG]ガンフレイム撃ちたい、でも撃てない[ガンメタル・ブレイズ]

 どうして武器に属性をエンチャントするMEが無いのー!?(挨拶)

 後輩のGMでガンメタルブレイズ遊んできましたー。

 (日本人が想像する)欧米風異世界で、ブレイザーと呼ばれるすっごい人たちがメナスという怪物とスタイリッシュに切った張ったするRPGです。
 私見ですが格ゲーやってる人なら、ギルティギアやブレイブルーを思い出していただければイメージが掴めるかと。
 ひそかに同人時代から何度か遊んでたシステムでもあります。

このゲームの最大の特徴はシチュエーションカードの存在。
プレイヤーは全員3枚のカードを持ちます。それぞれにはロールプレイの指示が書いてあって、それを絡めたロールプレイを行えばそのカードはプレイされたことになり、それがそのまま特技のコストになります、ただし、そのカードは基本的に他人に提示します。これがロールプレイの呼び水になってるわけです。

 部会の後の突発卓だったので、サンプルキャラ+サンプルシナリオ使って遊びました。
 私はシンガー(歌魔法使い)だったんですが、これがザコの攻撃ですら昇天しかねないような(ていかしかけた)たいそうなもやしっ子で。
 所持金有り余ってるのに何でこの子素手なのよ。パリィ(受け)すらできないじゃない。避けようにも物理系の命中値は固定値で10くらいあるのに、こっちの回避値3だし。
 サンプル、せめてパリィ用に武器持ってればなぁ。結局シナリオ中にアームガード買いました。1D6+3点ダメージ軽減できるシールド買いたかったけど、BLAVE1じゃ装備できないよ……。
 そんなわけで魔法系はシールドが装備できるB2/A1/S3を推奨します。

 ディフェンダーがいれば、ステータスに気を配るまでも無く一発解決ですけど、1パーティに一人はディフェンダーを入れなければならない必要性は世界観システム面ともに今のところないので、攻撃をガードできずあっさり昇天なんてこともままあるでしょう。まあそうなる前に叩けばいいんですけど。ボスの初撃を「スタイリッシュ」で全員クリティカル回避→フルボッコ、の流れがベターでしょうか。
(理由:さっさと叩かないとリソース不足で死ぬ。復活用ブレイクスルーは存在するがコストがかかる上、1シナリオ1回の為)

 後輩がかなりいいRPをしてくれて、エア合気チット投げまくりでした。新部長にすさまじいPC1力を見せ付けられたり、PC2がすげー艶っぽかったりPC3がやたらカッコよかったり。
一人だけほんわかした子でゴメンナサイ。あまりいいトスを投げれない先輩でゴメンナサイ。
 複数の後輩が「これ面白いっすね!」て言ってて、同人時代から応援してた身としては嬉しかったですね。

 チット搭載しませんかね、という後輩の言葉を聞き、実際にシチュカード+チットで戦う様子を想像してみた。

カオスフレアに似た別の何かが生まれた。

これはこれで面白い……かもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »