« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

漂流学園 5さつめ

前期のころから続けてきたアルシャードフライハイのキャンペーンも、いよいよ5回目に突入。

 キャラについてはR.F.D先輩のブログに詳細がありますので、其方を参考に。
今回はターマイト(巨大カブトムシ)の巣と化した元・積層都市イスカリオテ・ユダの探索。

 積層都市ってのは、スラム街に始まり、商業ブロックや工業ブロックや高級住宅街が塔のようにタテに連なっている、帝国の科学力が詰まった街。
 しかし、ここイスカリオテ・ユダは、とある事件により住民全員が自殺。以後、ターマイトの城となってしまったのでした。

今でこそターマイトの巣ですが、かつては福音都市と呼ばれたほどの発展した都市。当然、なにやら面白そうな機械も多くあるわけで……

柚子(かちゃかちゃかちゃ←ボタンを押しまくっている)
一成「谷織兄妹参上、と」(落書きしている)
このあたりはやっぱり兄弟だなあ。

さて、今回は積層都市の探索ってこともあり、ダンジョンアタックだったんですが……
消 耗 激 し す  ぎ。
ハイMPポーションを買い込んでおいて正解でした。うちのPTの魔法系の平均最大MPは30程度なんですが、それぞれ1ターンにつき10MPくらいつぎ込むので、魔法系3人は常にMPが足りずひーこらひーこら。
さらに回復もしなければいけません。どれだけ組み合わせる特技を減らしてMPを節約するか、頭を悩ませました。
コスト的な問題で頭を使ったセッションはずいぶん久しぶり。

 さて、今回の依頼人の一人であるリーグからは、高級住宅街ブロックにある自宅から遺品を持って帰ってきてほしいと頼まれていたのですが。
メモに書かれていた住所に来ても、そこにあるのは空き地だけ。まるで、元から家なんてなかったかのように。

リーグ……やっぱりね。だってリーグって某ビフロストの橋の番人の別名だし。

ともあれボスを倒してリンクスの女王を救出し、ゾアネスハイムに向かわないと!というところで今回は終了。

次回はゾアネスヘイム編。(本来はウータンキドゥルなんですが)
きっとイドゥンがらみのエピソードなんだと信じてます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

漂流学園第4話(TRPG)

一昨日はひっさしぶりにフライハイキャンペーン卓がありました。

第3話をやったのは7月末。なんと3ヶ月以上も間が空いてるんですねこれが。

 「加護ひとつは命一個分」を合言葉に、今回も再放送組は頑張ります。
もっとも3ヶ月も空いていたせいで、自キャラの性格とか加護の使い方とか色々忘れてましたけどね(爽笑)
操ってこんな子だったっけ?と自分でも思ってしまう場面が複数。

 帝国内の自治都市、ウィンカスターに降り立ったアカデミーノース校+万色学園の面々。

男の子を助けたり、情報企業を訪れたり、人探しを押し付けられたり帝国軍に志願しようとしたり麻袋に入れられたりと、各自思い思いに(一部違うが)過ごします。

 さて、なんといっても今回の名場面はこれでしょう。
ゆず「お姉ちゃんがさらわれたにゃ!」
一同「お姉ちゃん?」(←ハモった)

 うっかり悪い人についていったせいであやうく売られそうになったところを、リンクスの少女に助けられた柚子。
しかし少女はそのまま何処かにさらわれてしまったのでした。
これはそのことを仲間に報告したときの台詞。

 ゆずには双子の妹(香凪子)と兄(一成)はいますが、お姉ちゃんなんていません。
しかもゆずが「お姉ちゃん」といった相手はあろうことかリンクスの国、ゾアネスヘイムの女王。
事態は混迷を深めていきます。


直後、街が襲われ、一行は防衛戦に突入。

そしてボス戦。

レベルが上がってきたせいで(現在6Lv)だんだんトールの意味が薄れてきたなぁ。それに比例してボスのHPも上がってるから、連発してもなかなか倒れない。
10D6の期待値って35なんだよね…。それだったらカバーリング→タケミカでダメージを倍返しした方が良さそう。回数限られるけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »